30代女性が婚活で高嶺の花にならないための、たったひとつの方法

30代女性が婚活で高嶺の花にならないための、たったひとつの方法

突然ですが、あなたには「手に入れたい!」と思うもの、ありますよね?

あなたの「手に入れたいもの」はどんなものですか?

それって、簡単に手に入るものですか?
多分、違いますよね。

簡単に手に入らないから、手に入れたいと思う。

でも、到底手が届かない物はどうですか?
「欲しいけど・・・私には無理」って諦めることもありますよね。

「努力すれば手に入るかもしれない!」

そう思えれば、がんばれますよね?

人間は「手に入りそうで入らないものを欲しがる」という性質があるんですよね。

恋愛も同じです。

高嶺の花は手に入れる努力すらしないし、簡単に手に入ったものはすぐに飽きてしまう。

じゃあ、どうすればいいのか?

30代が高嶺の花にならないためにどうしたらいい?

こんな場合あなたならどうしますか?

例えば、あなたがバリバリのキャリアウーマンだとします。
仕事一筋に今までがんばってきたけど、気づくと周りがみんな年下・格下になっていた・・・。

そこで、合コンや婚活パーティーに参加して結婚相手を探す。
けれどなかなか相手が見つからない…。

この場合、年下・格下の男性から見ると、あなたは高嶺の花になっているのではないでしょうか?

憧れの先輩、できるビジネスウーマンは男性にとっては近寄りがたいのもの。

男性たるもの支配欲が高く、また、プライドの高い生き物です。

近寄りがたい格上女子にアタックするよりも、接しやすい女性を好むものです。
(そういう意味では男性の方が「勝てる婚活」をしている)

では、「勝てる婚活塾」的な正解はと言うと・・・

【あえて隙を作ってあげましょう。】

年下男性でも、お姉さんのアナタを可愛らしい、と思えれば惚れる可能性大。

「バリキャリの私を屈服させるほどの、実力も甲斐性もある男性でなければ!」と今まで頑張って生きてきた女性ほど、こんな風に思いがち。。

でも、女性は弱さや可愛らしさがあった方が、お得ですよ!

自分で男性の選択肢を狭めるんじゃなく、もっと柔軟に戦略を練っていきましょう!

男女の違いを知り、男性の本質を理解して、男性と上手にコミュニケーションしていくことが大切ですよね。

そして、もう1つ忘れてはいけないのが「男性は見た目重視」ということ。

コミュニケーション能力を磨いてもまずは男性に興味を持たれないと会話まで発展しませんから!