積極的なのに控えめなイメージのまま!男性を感動させるデートの誘い方

積極的なのに控えめなイメージのまま!男性を感動させるデートの誘い方

先日ご紹介した『アラフォー女性がメールで男性を誘う時の必勝パターン』、活用されましたか?

男性=スペック重視ってことを知っているだけで「自分から男性を誘う」という壁が、「がんばれば走り高飛びのバーを飛び越えられる」ぐらいには感じられたのではないでしょうか?

「いやいや、走り高飛びのバーは私にはまだまだ高いんです!」

「だいたい!そもそも!何に誘えば良いのかがわからない!」

とお嘆き(お怒り?)のアラフォー女性のあなた!

今回の方法、必読ですよ!

控えめ(なイメージの)女性にはピッタリの戦略ですので、覚えてくださいね!

一般的な誘い方にプラスしたい、男性をくすぐる要素

女性からお誘いするとき

「○○○という新しいショップができたので、ぜひ、ご一緒しませんか?」

という無難な誘い方をされている人も
多いのではないでしょうか?

でも、ここには「新しいショップ」というスペックしか盛り込まれていないので、男性にとっての「行かなきゃいけない!」要素が少なくなってますよね。
※ここがわからない方は前回記事を参照~((´∀`))

では、次のステップに進む前に、まずは男性の心理を学びましょうね!

女性の心理面を解説するときに「共感性」というワードが出てきますが、これは女性が「誰々と一緒」という部分に
安心感や優先順位を感じるからです。

みなさんも同性の目線や意見が気になることが多いですよね?

逆に男性は「自尊心」、他人より(自分を)優位に見せたい、という要素が強いのです。

つまり・・・

「あなただけ」という部分を際立たせてあげると効果的なんです。

端的にいうと、会話の中から相手の男性が興味のあるモノ、コトを覚えておいて誘うのが常套手段ですが、これでは男性の自尊心をくすぐることはできません!

勝てる婚活塾的には

「え!? 覚えててくれたんだ!」と、彼に思わせるのが必勝法。

具体的な誘い方はこんか感じ

会話の中でさりげなく言った

『僕は日本酒も好きだけど、地元が九州だから焼酎も好きなんだよな〜』

『カフェにはよく行くけど、スウィーツって頼みづらいんですよね(苦笑)』

という彼の好み。

ただし、この会話(ネタ)は引っ張らず、軽く切り上げるのがコツですよ。

男性的には盛り上がらなかったので、彼の記憶にも残っていない(ハズ)。

でも、その彼のささやかな願望を、あなたがしっかり叶えてあげるのです!
     ↓
「確か、焼酎も好きだっておっしゃっていたので、焼酎好きの女友達に聞いて‥‥」

「頼みづらいとおっしゃっていたのですが、私とだったら安心ですか?スウィーツ。◯◯さんのスウィーツデビュー、私に飾らせてください!」

このギャップが男性の自尊心をくすぐります。

「この女性(ひと)、俺の話、覚えてくれてたんだぁ〜」と、感動している男性の顔が思い浮かびます!

男性を誘う際の上級テクニック

上級テクとしては、男性同士の会話で盛り上がっていたことをネタにするのもアリですよ。

「スノーボードご趣味なんですよね。お友達同士のお話で聞こえてしまって。季節はずれですし、唐突なんですけど、スポーツショップに行きませんか?
久しぶりにスノボやってみたくなっちゃいました!」

もし、彼から

「聞いてたなら、会話に入ってこればいいのに!って難しいよね?笑」

というような返事が来たならば、彼は心優しい男性ですよ(^0^)

女性から誘うという積極的な姿勢だけど、男性の自尊心をくすぐる控えめな言葉・気遣いに彼のハートはメロメロです~(〃艸〃)

ぜひ活用してみてくださいねっ!

アラフォー女性の方の婚活のお悩みのご相談は、まずは無料メール相談からお気軽にご連絡ください!

⇒無料メール相談はこちらから